BRAND

廃棄物に対する目線を未来に。

“一つの廃棄物”として見るか、
“未来に繋がる資源”として見るか、
ものごとは、視点で変わる。
私たちはこれからの環境と資源に
新たな視点と発想で臨む。

廃棄物を単なる廃棄物として見ていない。

廃棄物を
単なる廃棄物として
見ていない。

「廃れて」「棄てられた」「物」である廃棄物。
廃棄物が廃棄物である理由は文字通り「廃れた」からであり、その事実は変わらない。
ただその状態を維持すること(単純に処理すること)だけが、我々の唯一無二の答えだとも考えてはいない。

廃棄物活用の無限なる可能性に賭けている

廃棄物活用の
無限なる可能性に
賭けている。

自分の身の回りをふと見たときに思うことがある。
普段食べている果物や野菜にしてもそう、道端に転がっている砂や石ころにしてもそう、「世の中の物質で一つの意味しかもたないものはない」廃棄物だけは例外だと考えるほうが不自然だ。

未来の環境と資源は、視点と発想から変わる。

未来の環境と資源は、
視点と発想から
変わる。

廃棄物を「捨てられるもの」として考えるマイナスの向き合い方を、新しい資源として「活かせるもの」としてプラスにシフトチェンジすることで、未来の身の回りの環境は大きく変わる。
まずは見方を考えることからはじめていこう。

STANCE

なんとかしてあげたい、の気持ちで。

なんとかしてあげたい、
の気持ちで。

  • 私たち三友グループは、“廃棄物に関するプロ”として皆さんの困ったを手助けしたい。この廃棄物は、どう処理したらよいのだろう、工場内や会社内で危険物が外部に流れ出たけど誰に言えば良いんだろう、この廃棄物はどんな成分なんだろう。
  • “本当に困ったとき”こそ“頼られる存在”でありたいという精神が私たちの企業根底に脈打っている。創業者は言った「相手が困っているときこそ、全力で力になってあげよ」と。

MISSION

マイナスをデザインする。

マイナスをデザインする。
− 無なるものに色はつく −

  • 廃棄物は、皆が要らなくなったものだから、消えて無くなってしまったほうが良いものだと考えられてしまう。
    本当にそうだろうか。私たちはそこに疑問を持つ。
    近い未来、モノを消費し廃棄し地球資源をすり減らしていたら、今のような生活ができるかどうかわからない。
  • 未来のあるべき環境から逆算し、マイナス(捨てられるもの)→ プラス(活かせるもの)へとデザインする。
    私たちは、廃棄物をただのマイナスではないと信じている。
    視点や発想次第で、きっと様々なプラス展開ができると信じている。

経営理念・環境方針

環境と資源を守る

Save the earth&resource

基本理念

地球環境の破壊、資源の枯渇等から、現在のみならず将来の世代及び地球上に存在するあらゆる生物が共生出来る地球環境を保全する持続可能な社会の形成が緊急の課題となっています。“環境と資源を守る”をモットーに事業を展開してきましたが、今後も環境保全活動の継続的な推進をすすめ、資源循環型社会形成の一翼を担っていきます。

環境方針

当社は産業廃棄物処理会社として、第一工場、第二工場、横浜工場、千葉工場、及び川崎工場において、産業廃棄物の収集運搬及び中間処理を核に、硫酸、溶剤の再資源化、一般廃棄物中間処理コーヒー豆粕の飼料化の事業活動を行っており、並びに5箇所の営業所からなる全国規模の営業活動を展開している。
また、フロン類の破壊処理による、オゾン層保護及び地球温暖化対策に取り組んできています。これらの活動は地球環境の保全に貢献するとともに、大きな影響を及ぼす可能性を持っています。
私たち一人ひとりがこの事を認識し、環境法規制及び当社が同意したその他の要求事項を順守するとともに、環境マネジメントシステムの継続的な改善を進め、汚染の予防に努めます。

重点取組事項として、下記の事項に取組みます。

エネルギーの有効活用による、地球温暖化対策への推進及びコストの適正化を進め、継続的な環境負荷の低減を図ります。委託された廃棄物の管理を徹底します。

操業停止事故撲滅による、委託された廃棄物の安全、確実な処理を遂行します。

PFOS含有廃棄物の適正処理を推進します。

食品残渣の有効活用により食品循環資源の再生利用を促進します。

以上を実践する為、環境マニュアル及び環境目的・目標を定め、これらを定期的に見直しながら取り組みます。 またこの環境方針は全ての従業員及び当社のために働く人全てに周知するとともに、広く一般に公開致します。
2016年4月2日
三友プラントサービス株式会社
環境委員会本部長
小松 洋文

環境と資源を守る

Save the earth&resource

基本理念

早来工営株式会社は、「環境と資源を守ろう」をモットーに、地球環境への自らの役割と責任を自覚し、環境課題に積極的かつ継続的に取り組みます。

環境方針

当社は産業廃棄物処理会社として、本社川崎工場、札幌工場、早来支店、大阪工場における、中間処理及び最終処分場を有し、全国47都道府県における産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の収集運搬業許可を取得し、一貫した総合処理体制を基に事業活動を行っている。また、オゾン層保護推進による観点から、フロン類の破壊処理にいち早く取り組み、事業化をしてきています。これらの活動は地球環境の保全に貢献するとともに、大きな影響を及ぼす可能性を持っている。私たちはこの事を認識し、環境マネジメントシステムの構築と継続的な改善をはかり、全員が一丸となって以下の事項に取り組みます。

産業廃棄物の収集運搬・中間処理及び最終処分並びに汚染土壌処理を適切かつ安全に行い、環境負荷の軽減及び汚染の予防に努め、業務改善による効率化を図り、お客様への信頼とサービス向上を図ります。

地球温暖化防止のためエネルギー使用量などの削減に努めます。

ステークホルダーとのコミュニケーションを積極的に図り、環境保全活動を通じて地域社会に貢献します。

環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、環境保全に努めます。

以上の取り組みについて、環境マニュアル及び環境目的・目標を定め、定期的な見直しを行い、継続的な改善を図ります。また、この環境方針は、従業員及び当社と共に働く人々に周知するとともに、求めに応じ一般にも公開いたします。
2017年4月1日
早来工営株式会社
環境委員会本部長
山本孝次