BLOG

2020.03.26

トカゲについて

最近、暖かくなってきましたね。春に姿を現すと言えばトカゲです。
我が家も新築の頃からヤモリが住み込んでいます。
そこでトカゲ類について調べてみました。
                                                 -
トカゲ類に分類される生き物は、これまでに確認しているだけでも3,700種類以上いて、毎年のように新種も見つかっています。トカゲ類は、爬虫類の中で最も種類が多いそうです。
トカゲの名前の由来は、戸の陰によくいるので「戸陰(とかげ)」というものから、非常に素早く動くので「疾隠(とかくれ)」「敏駆(とかけ)」「戸翔(とかけり)」からきているという説もあります。
身近なトカゲ類と言えば、ヤモリですよね。漢字では「守宮」「家守」と書かれます。家にいる蛾やクモ、ハエ、蚊などを食べるので、漢字通り家の守り主と言えるかも知れません。ヤモリは、人間の暮らしをうまく利用しながら生きるトカゲで、壁や天井を自在に動き回ります。夜になると、家の明かりに集まる虫を待ち伏せして捕食しています。冬は、壁の隙間などで寒さをしのいでいます。
                                                 -
身近な自然から、四季の変化を楽しんでおります。