BLOG

2019.12.27

干支から思うこと

来年、令和二年は、十干が庚(こう・かのえ)で、十二支が子(し・ねずみ)ですので、干支は庚子(こうし・かのえね)となります。十干と十二支の組み合わせにより、同じ干支は六十年に一回巡ってきます。
                                             ′
「庚(こう)」は継続、更新、償いの意味があります。「子(し)」の年は芽生える、増えるの意味ですので、「庚子(こうし)」の年は、うまく持っていけば芽を育てることが出来、増やすことは出来る良い年になるそうです。ただし、うまくいかないと、混乱が生じ増大して、収拾がつかなくなります。
                                                                                                                                                                                                                                            
来年、「庚子(こうし)」の年は、前年の失敗があればそれを償い、良いものは継承して、あらゆる沈滞、怠慢を一掃し、更新して、溌溂たる状態に持っていかなければなりません。そういう意気を新たにして新しい芽を育てる年にしたいと思います。
干支から気づかされることが多かったので、来年の干支について書きました。
                                                                                                                                                                                                                                            
皆様、本年も有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。 来年もよろしくお願いいたします。