BLOG

2021.06.14

安平からの便り2021年6月

4月に安平のスタッフよりビニールハウスのサクランボとブドウの様子の報告(2021.4.13 安平からの便り)がありましたが、4月に花をつけていたサクランボは収穫の時期を迎えました。

品種は、「佐藤錦」「さおり」「紅秀峰」「南陽」「サミット」など多種にわたります。
昨年と比較してやや好調で、糖度が高く、おいしいサクランボになりました。設備においても温度・湿度管理や潅水方法に工夫をして歩留まりの良い高品質なサクランボを収穫すべく日々研究しています。
北海道では、市場に出回る時期より早く収穫を迎えるため、希少価値もあるようです。

ブドウも4月は1~3枚目の葉が展開中でしたが、まだまだ小さいですがブドウらしい姿になりました。

去年は蜂による被害もありましたが、今年は対策を強化していきます。
今後は、整房・摘粒作業を繰り返し、収穫になります。
「ターユイル」「シャインマスカット」等、今年もおいしいブドウの収穫が期待できそうです。