BLOG

2021.09.08

パラリンピックの凄さを実感

皆さん、パラリンピックはご覧になりましたか?どの競技も本当に凄かったですね。
限界や困難を乗り越える姿を見て、まだまだ頑張れるんだと教えられました。

このように思ったきっかけは、パラリンピックバドミントンの里見紗李奈選手です。
開会式の前に、千葉工場の近隣の会社の関係者のお嬢様だとお聞きし応援をしていました。里見選手は、高校3年の時に交通事故に遭って車いすでの生活となり、リハビリの一環としてお父様の勧めでパラバドミントンを始めたそうです。ご本人の努力、お父様、ご家族の全面的な応援があったとお聞きしました。
結果は、皆さんご存じの通り、パラバドミントン(車いす)のシングルス、ダブルスで二つの金メダルを獲得されました。素晴らしい活躍ですね。

里見選手のお話をきっかけに、パラリンピックに魅力を感じ、様々な競技をテレビ観戦し、さらに選手たちの凄さを実感しました。

里見選手は、試合後の会見で「パリ大会も目指したい」と決意を新たにしているそうです。
今後も応援したいと思っています。ぜひ、一緒に応援していきましょう。